×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯周病 予防
歯周病を予防することは、なぜそんなに大事のことなのでしょうか?歯周病の予防は、健全な食生活を保つことにつながります。
なぜなら、歯を失う原因の大きな理由のひとつが、歯周病にあるからです。
では、歯周病を予防するにはどのようにしたら良いのでしょうか?歯周病の予防するためにやるべきことを書いてみようと思います。
まず、歯周病の原因はプラーク(歯垢)の中の細菌です。
よくテレビのCMなどで聞かれるプラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことがとても大事になってきます。
<スポンサードリンク>

その方法として正しいブラッシングをすることが大事なんです。
ここで、私は毎日確実に歯磨きをしているのに、歯周病を予防できないのはなぜかしら?とお思いの方もいらっしゃる方も多いと思います。
現在、成人のなんと80%が歯周病というデータがあるんですが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。
それでは、ほとんどの方がブラッシングを毎日行っているにもかかわらず、なぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。
その最も大きな理由は、きちんと磨いているつもりで、実はきちんと磨けていないということなんです。
『ちゃんと磨いている』と『しっかり磨けている』とは全く別のことになります。
『ちゃんと磨いていても、しっかり磨けていなければまったく意味がない』ということです。
だから、成人の8割もの人が歯周病を予防できずにいるのです。
自分に合った歯ブラシを使っていますか?歯ブラシを正しく持っていますか?正しい位置に歯ブラシが当たるように磨けていますか?磨く順序は正しいですか?歯並びや、口腔内の環境は人それぞれです。
ですから、ブラッシングの方法もひとそれぞれ違って当然です。
歯科医師と相談しながら自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出して、それを続けていくことが結果的に歯周病の予防につながっていきます。
歯周病の予防をするには、かかりつけの歯科を持って、正しいブラッシングの方法や、生活指導を受けることが必要だと言えそうです。


歯周病 歯医者
歯周病を歯医者で診てもらった経験のある方も多いと思います。
ご存知でしょうが、歯医者では、もちろん虫歯の治療もしますが、歯周病の治療も行っているのです。
歯周病は、他の病気に比べると、症状自体もそんなに重くなく、歯医者にすぐに行かなければ、どうしても辛いというわけではないので、つい蔑ろにしてしまいがちですが、成人の8割が歯周病であると言われる現代においては、歯医者に定期的に通って、歯周病の予防・治療を行う必要性があると考えられています。
実は、人が歯を失う原因は、大きく分けると虫歯と歯周病の2つが挙げられます。
虫歯は痛くなるのですぐに歯医者に足が向きますが、歯周病は別名サイレントディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれており、自覚症状がほとんどないうちに病状が進んでいき、自分で気が付いた時には、症状がかなり進行してしまっていることが多い恐ろしい病気です。
歯周病とは、歯肉炎と歯周炎を合わせた総称です。
歯周病がどんな病気か詳しく説明しますと、歯を支えている歯茎や骨などを歯周組織といいますが、この歯周組織が細菌に感染することで、炎症を起こして組織が壊れていく病気です。
口腔内の細菌群は、皮膜を作ることで、薬が効かないようにしてしまうので、うがいだけでは細菌群を取り除くことができません。
歯周病を予防・治療するためには、これを根こそぎ取るような形で除去する必要があります。
そのためには、毎日のブラッシングがとても大切になります。
最近では、歯周病は口の中だけの問題ではなく、全身の健康との関わりが問題視されています。
歯周病の原因となる細菌が体内に取り込まれることで、様々な問題を引き起こすことが分かってきたのです。
なかでも、最も問題とされているのは肺炎です。
歯周病菌が喉から下に下りることで、肺に入って肺炎を起こしてしまいます。
また、歯周病は慢性の細菌感染であるため、糖尿病になってしまう要因の1つともいわれます。
実際に、歯周病が治りにくい人の中に糖尿病の人がいます。
ほかにも、歯周病菌は胃潰瘍にも関係があるとされています。
胃潰瘍を引き起こすピロリ菌が、唾液や歯周病の原因ともなる歯垢の中にいることが分かっています。
歯周病予防のためにも、体の健康を保つためにも、かかりつけの歯医者を持ち、定期的に検診を受け、日頃からきちんとした口腔内のケアを行えるように指導してもらうことが必要でしょう。


歯周病 糖尿病
歯周病の糖尿病との関係はよく知られており、糖尿病の人が歯周病にかかりやすいこと、反対に、歯周病菌が血糖値をコントロールするインシュリンの働きを阻害することが知られています。
つまり糖尿病患者は歯周病になりやすくて治りが悪く、歯周病は糖尿病を悪化がさせるという、相互に悪影響を及ぼすのです。
では、なぜ糖尿病の人は歯周病になりやすいのでしょうか。
歯周病は歯の病気ではなく、歯肉(歯ぐき)、歯根膜、歯槽骨(あごの骨)など、歯を支えている歯周組織に細菌が感染して起こる慢性的な感染症です。
糖尿病が進行すると免疫機能(病原菌に抵抗する働き)が低下するため、歯周病になりやすいのです。
また、糖分を多く必要とする歯周病菌が増殖しやすくなるのではないかと考えられています。
また、なぜ歯周病は糖尿病を悪化させるのでしょうか。
歯周病菌の死骸が「内毒素」と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼすことが原因です。
血液中の「内毒素」は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。
TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。
インスリンの働きが悪くなると、血糖値が下がりにくくなります。
つまり、歯周病がTNF-αの分泌を活発にすることで血糖値のコントロールを悪化させ、結果的に糖尿病の発症につながるのです。
歯周病、糖尿病の予防は、正しい食事、十分な休息、適度な屋外運動で、体の免疫を高め骨を強化し全身の健康を保持する事です。
また、現在の歯周病の治療は、その進行を抑えることしかできません。
ですから、歯周病の予防の方が簡単かつ重要です。
ただ口腔ケアは、自分一人できちんと行うのは難しいものがあります。
健康な方でも、半年に一度は歯科医を受診し、歯のケアを受けるようにすると良いでしょう。


歯周病

  • 歯周病
  • 歯周病 治療
  • 歯周病 歯科 医院

歯周病2

  • 歯周病 予防
  • 歯周病 歯医者
  • 歯周病 糖尿病

歯周病3

  • 歯周病 歯磨き
  • 歯周病 歯磨き粉
  • ジスロマック 歯周病

歯槽膿漏

  • 歯槽膿漏
  • 歯槽膿漏 治療

歯槽膿漏2

  • 歯槽膿漏 症状
  • 歯槽膿漏 薬

歯槽膿漏3

  • 歯槽膿漏 治療法
  • 歯槽膿漏 予防

歯槽膿漏4

  • 歯周病 歯槽膿漏
  • 歯槽膿漏 歯磨き



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

美容関係

 美肌法2

 美肌法3

 美容器具2

 美容器具3

 美容器具4

 美容器具5

 アンチエイジング2

 美容器具11

 人気化粧品2

 人気化粧品3

 人気化粧品4

 人気化粧品5

 人気化粧品6

 人気化粧品7

 人気化粧品8

 人気化粧品9

 ハンドクリーム2

 足痩せマッサージ

 足痩せマッサージ2

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


健康関係

 デトックスと足湯2

 デトックスと足湯3

 杜仲茶のパワー

 杜仲茶のパワー2

 杜仲茶のパワー3

 杜仲茶2

 ヒーリング2

 ビオチン2

 ヨガ2

 歯周病2

 歯周病3

 歯槽膿漏2

 歯槽膿漏3

 歯槽膿漏4

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


住宅・不動産関係

 住宅・不動産2

 住宅・不動産3

 住宅・不動産4


就職・転職関係

 アルバイト2

 就職活動2

 就職活動3

 就職活動4

 就職活動5

 就職活動6


旅行関係

 榊原温泉

 日帰り旅行2


SOHO関係

 SEO2


娯楽・趣味関係

 音楽配信サービス2

 フェリシモ2

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


ブランド関係

 コンバース2


生活支援関係

 石けんシャンプー

 シャンプーの仕方

 シャンプー・髪・頭皮

 個人再生手続き2

 プレミアム商品2


インターネット関係

  ネットバンク2

  ネットバンク3

  ライムワイヤー2


福祉関係

 介護2

 介護3

 介護4

 介護施設2


結婚関係

  結婚あれこれ